テスター ダイアグマシーン ダイアグノスティックス 自動車故障診断機 AUTEL MaxiSys マキシシス

MaxiTPMS TS601

MaxiTPMS TS601

機能 読み込み/ TPMSシステムのコードをクリアし、誤作動表示灯をリセット
センサID、タイヤ圧、温度、バッテリ状態、OE部品番号、再学習情報を含む活性化されたセンサデータを読み取り、記録とプレイバックTPMSなどタイヤ空気圧、信号の状態、温度、バッテリーの状態を含め、ライブデータ
TPMS ECU情報を取得します
作動試験と特殊な機能を実行します

・125KHzの連続波または変調波信号を使用して、磁気、周波数、およびタイヤ収縮トリガセンサをすべてアクティブ化
・315MHzのと433MHzの両方の信号を受信
・車両ECUからセンサIDを読み書き
・読み出し/ TPMSシステムのコードをクリアし、故障インジケータライトをリセット
・センサID、タイヤの圧力、温度、バッテリ状態、OE部品番号、再学習情報を含む活性化されたセンサデータを読み出し
・レコードとプレイバック TPMS ライブなどタイヤの空気圧、信号の状態、温度、バッテリの状態などのデータを読み取り
・TPMS ECUの情報を取得
・作動テストや特別な機能を実行
・車両の ECU センサー Id と位置を学ぶためのプログラムします
・クライスラー、ルノー、シトロエンにシングル タイヤをプログラミングできます
・転送リモートキーレス エントリ (キー FOB) をチェックします
・診断のプロセスを簡素化する 4 または 5 の車輪を持つ車両をグラフします
・事前選択プロセスは、高速の活性化と診断を提供しています
・センサーが正常に動作を確認するための視覚および可聴の応答を提供します
・画面に表示されるコードの定義
・直感的なナビゲーションと段階的な画面上の指示で使いやすいです
・他のRFシグナルにより間違った読み取りを防止する適切なLFシグナル読み取り


 
価格 128,000円(税別)
オプション(別売)
MX-sensor 
 
価格 各8,800円(税別)

使用方法

純正でタイヤ空気圧センサーを使用している車種は社外ホイール等に変更した際には警告灯が点いてしまいます。
その場合、オプションセンサーをホイールに装着しテスターで車両と同期して頂ければ警告灯は点灯致しません。
※一部の純正センサー、社外センサーでコーディングが出来ない場合もあります。その際はオプションをお買い求め下さい。

お問い合わせフォーム

メニュー

ページの上部へ